日曜日、天気はいまいちすっきりとしませんが、XLRさんとぷちツーへいってきました
20140302_鶉野飛行場プチツー (1)_R

行先は、XLRさんが以前から行きたかった鶉野(うずらの)飛行場跡とその周辺に
ある防空壕です
鶉野飛行場跡ってご存知ですか?わたしは、XLRさんに聞くまで全く知りませんでした!
法華口の北にある、旧日本海軍の飛行場跡です。
ここは軍の施設であったためか、周辺にはかなりの数の防空壕があります。

隣では川西航空機が紫電改を作っていました。
20140302_鶉野飛行場プチツー (7)_R
詳しくはこちら

まずは花田で待ち合わせした後、鶉野飛行場跡への通り道にある、法華口へ
20140302_鶉野飛行場プチツー (9)_R

もしかしたら、OSGの方が誰か来ていないかなと思いましたが、
誰にもお会いしませんでした^^

XLRさんはお初でしたのでせっかくなのでお見送りを見てもらおうと。
ちょうど列車が行ったところだったのでパンを買って次の列車をまちます
20140302_鶉野飛行場プチツー (11)_R
今日はボランティア駅長さんがいらっしゃいました。XLRさんの顔がかなりにやけている
ように見えるのは気のせいでしょうか(笑)
私もフェイスブックで紹介されていた、期間限定の”播磨農高のももジャムパン”を購入。

ちょうどお客さんが途切れた所でしたので、こちらでコーヒーブレイクしながら駅長さんと
談笑させてもらいました。
20140302_鶉野飛行場プチツー (12)_R

そうそう、駅長さんに最近よくこちらに寄らしてもらっているスクーター乗りの一人として
覚えてもらってました^^ もう、すっかりOSGのたまり場になってますね(笑)

列車がきました。
20140302_鶉野飛行場プチツー (13)_R
駅長さんと一緒に見送ってから法華口をあとにして、今回の目的地、鶉野飛行場跡と
防空壕へ向かいます。

20140302_鶉野飛行場プチツー (14)_R
まずは、法華口から北上していくと、防空壕があります。

20140302_鶉野飛行場プチツー (31)_R


入り口です。こちらは空襲時に退避できる地下指揮所であったと推測されている
所です。
20140302_鶉野飛行場プチツー (17)_R


階段を下りていくと
20140302_鶉野飛行場プチツー (18)_R


地下には部屋が2つありました。
20140302_鶉野飛行場プチツー (22)_R

20140302_鶉野飛行場プチツー (26)_R


地元の人の協力でこのように整備されたようですね。
20140302_鶉野飛行場プチツー (23)_R


部屋の壁には当時の資料や、戦闘機に関する資料、そして、ここから出撃した特攻隊隊員の
遺書などが所せましと展示されてます。
20140302_鶉野飛行場プチツー (27)_R

これを自治会で管理されていることに愕きました。
資料はどれも興味深く、特攻隊員の残した遺書には心打たれますが、やはりちょっと
気持ちが沈みます。
20140302_鶉野飛行場プチツー (29)_R


向いにある、神戸大学の牧場の牛たちです。
20140302_鶉野飛行場プチツー (32)_R


めっちゃひとなつっこい?かなり近寄ってきます^^ 
20140302_鶉野飛行場プチツー (34)_R

ちょっと癒されました^^ 
さて、次は飛行場跡に向かいます